みゅうBLOG🎀

宝塚歌劇が大好きなOLの日常

ヅカファンだったら悪口は慎みましょう

 

先日、エリザのBパターンを観劇してきました!!

本当に感動しましたよ!!

 

しかし、幕間に「やっぱり、変なエリザベートだったね〜」なんて

辛口コメントが私の耳に聞こえてきました!!

 

演目が発表された時から

たまちゃぴには合わないだの、愛希さんありきの公演みたいな声を多く聞きwww

 

まだ、稽古も始まってないのに言うなやwwwと思っておりました

 

ファン歴の長い方やエリザベートという公演に思入れのある方は

色々、思うことがありますよね〜

 

そして、「私はこれだけこの作品、生徒のことを理解している!」って思って

自慢げに語りたくなる気持ち!めっちゃ、わかります!!笑

(母には、大体、こんな感じでヅカトークしています)

(自分を専門家だと思い込んでしまっている笑)

 

公の場では、辛口コメント避けていただきたい…

 

 

イケコ先生のありがたいお言葉

 

小池先生、前回の歌劇100周年記念号に続きパンチの効いたお言葉を

プログラムで仰っています笑

 

演劇の感想って、主観的なものですよね!

 

歌であれば「音程が外れている」という「事実」があれば「下手」

踊りであれば、「柔軟性」とか「リズム感」とか「事実に基づくものさし」があります。

 

しかし、1つのお芝居を通しての評価は主観的なものです!

 

もし、私が「〜という理由で〜さんは、下手」と言っても

他の方には別の理由で魅力的に感じるかもしれないし

 

同じ理由でもそんなとこが魅力的と感じる方もいます!!

 

他人の価値観なんて簡単に理解出来ないです!

 

まあ、要するに意見は人それぞれ

 

他人には訳の分からない自身の見解を

不特定多数が見る場所で発言するのはよくないな〜と思っています。

 

このブログはまだまだポンコツですが、スタンスとして

マイナスな私の主観は避け、プラスな内容をお伝えできたらな〜と思います!!

 

 

宝塚版だけでは視野が狭すぎ

 

エリザベートという作品を日本で初めて上演したのが宝塚ですから

宝塚でエリザベートやるのは当たり前です。

 

過去9回のキャストに比べて

今回の「たまちゃぴ」エリザが合わない!と感じると思います。

 

珠城さんがナウオンステージでおっしゃっていましたが、

海外版のトートに結構、ビックリしたと!!

 

宝塚歌劇でエリザベートという作品が成功しすぎてしまい

皆、それぞれ、自身の中で『理想』のキャスト像があるかもしれません。

 

しかし、海外の人が宝塚のエリザを見たら、どう思うんでしょうかね

 

ヅカファンとして心掛けたいこと

 

狭い自分だけの視野でマイナスな意見を言わない!

(ブログの内容的に言わざるを得ないときもあるかもしれませんが)

 

決めつけない!!

生徒さんも日々、お稽古に励んでいます!

その人の魅力は〇〇だけだ!と決めつけず、進歩を発見したいです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村